青汁のクセはどこからくるのか

青汁は独特なクセがあって飲みにくい・・・と敬遠する方も少なくありません。
どうして青汁は苦いくて飲みにくいのでしょう?
大麦若葉、ケール、それに明日葉などを考えてみるとなるほど・・癖があるのも仕方ないと思う原材料が利用されていることがわかります。
大麦若葉などは比較的癖がない青汁ですが、それでも青臭さを感じます。
この青臭さは葉物野菜などと同じような青臭さです。

ほうれん草などをゆでて搾っても青臭さを感じることがありますね。
ほうれん草が苦手という方はこの青臭い感じが苦手だとも言われます。
こうした青臭さについては、抹茶やレモンなどの味を利用することで、そのクセをなくして飲むことができる青汁が販売されています。
ケールは独特な苦味があります。
これがケールの青汁のクセとなっているのですよね。

野菜の王様と称されるほど栄養価が豊富なのに、日本で食卓に上ることがないのは、この苦味、ケール独特のクセがあることから、料理には不向きとされていて、日本国内で栽培されるほとんどのケールが青汁用です。
このクセが青汁はまずいものとして定着させて所以となっているのですが、ケール独特の味の正体はイソチオシアネートという物質です。
この物質がケール独特の苦味成分となっているのです。
この苦味成分は肝臓の解毒酵素を高めるという作用があります。

つまり、ケールが持っているクセ、苦味も、青汁の素晴らしい栄養素の一つとして考えられるのです。
クセがある野菜や植物を考えてみると、なるほど栄養価が高いといわれるものが多いということがわかります。
ゴーヤにも苦味がありますが、ゴーヤの苦味成分はチャランチンとコロコリン酸という成分で血糖値の正常化という働きを持っています。

なので、苦い野菜、植物というのは人間にとってとてもいい成分であることが多いのです。
大麦若葉にしてもケールにしても、明日葉にしても、どの青汁にもクセがあります。
このクセこそ、私たちの体にいい効果をもたらしてくれる成分として捕らえていいと思います。
青汁の効果効能と製品の選び方についてこちらに載っていますので参考にしてください。

Copyright (C) 手軽な野菜の摂取方法 All Rights Reserved.