手作りに挑戦、青汁の作り方

青汁はケールじゃなくちゃ、また大麦若葉じゃなくちゃ青汁じゃないなんて思っている方も多いかもしれませんが、野菜の栄養素を抽出したもの、また葉野菜や青野菜そのものを飲み物として飲むのなら、そのすべてが青汁です。
青汁を自分の家で作って楽しみながら飲むというのもいいことです。
野菜を用意する際、やはり栄養価の面を考えると緑黄色野菜が好ましいですね。
パセリ、小松菜やしそ。
こうしてみるとかなりクセのある味に仕上がりそうです。

パセリにも、小松菜にもしそにも、豊富な栄養素があります。
その栄養素を逃がさず体内に摂取するには、やはり調理で火を通すのではなく、生野菜のまま摂取することが望まれます。
市販されている青汁はケールや大麦若葉などですが、他の野菜を利用したにしても、野菜に含まれるビタミンなどの栄養素は、火を入れることで栄養価が低くなってしまいます。
やはりミキサーなどで葉物野菜や青野菜をジュースにして飲むことが最高の栄養摂取となります。
まず青汁にしたい野菜をよく水洗いします。

滑らかに飲むためにはすり鉢でするといいと言われていますが、最近購入されたミキサーならこうした作業も必要ないでしょう。
かなり高性能な機能があり、野菜も本当に細かくすりつぶしてくれます。
お野菜がきれいにすりつぶされたら、そのまま飲んでもいいですし、はちみつや黄粉、牛乳を入れてミキサーでさらに混ぜて飲んでもいいでしょう。
もし野菜をもっと滑らかに味わいたいという場合、一度ガーゼでこすなどすると飲みやすくなります。

ただ、ガーゼでこす際に、食物繊維やそのほかの栄養素がガーゼに残ってしまうためもったいないです。
できれば、こさずにそのままの青汁を楽しみましょう。
ジューサーなら野菜をそのまま砕いて利用できるため、スピーディですし栄養価もとても高い青汁を作ることができます。
自宅で自分たちが好きに、飲みやすい青汁を作るというのも、とても楽しく納得の青汁ができると思います。

Copyright (C) 手軽な野菜の摂取方法 All Rights Reserved.