青汁は原料の違いが味の違い

青汁に利用されている原料というと、ケール、大麦若葉、緑茶、明日葉などがメジャーです。
これらの青汁を比較してみると、味が大きく違うということに気がつきます。
一番飲みやすい青汁となると大麦若葉で若干青臭さがありますが、冷たく冷やして飲むととてもおいしく飲みやすい青汁です。
明日葉はクセを感じるという方もいますが、やはり大麦若葉同様、ケールと比較するとかなり飲みやすい味に仕上がっています。

すっきり飲みやすいものが多く、ケールのような苦味なども感じないため、明日葉青汁も高い人気を誇っています。
味がいいということにかけてはやはり緑茶青汁が一番でしょう。
抹茶風味の青汁は栄養価的に見るとケールよりも劣りますが、ビタミンやミネラルなども豊富で、緑茶に含まれるカテキンが大きな魅力の青汁です。
お茶を飲む感覚ですんなり飲めるため、お子さんにも好評でご家族で飲むという方も少なくありません。
栄養素的に見るとダントツにいいのがケールです。

ビタミン、ミネラル、食物繊維、カルシウムなど豊富な栄養素が含まれ、幅広い年齢層の方に飲んでほしい青汁です。
ただ、ケールといえばまずい青汁の代表格といわれていますね。
ケール独特の苦味やにおい、質感もいやという方もいます。
ケールの栄養素の高さは理解しているけれど、飲むとまずいため、継続は無理という方も少なくありません。
一口に青汁といっても飲んでみるとその味の違いは確実に違いがあります。

飲みにくいケールですが栄養価を考えるととても優れた青汁なので、味がまずくてもやはり人気があります。
大麦若葉http://www.aojirulife.net/08yasai.htmlや緑茶、明日葉などの青汁はケールより若干栄養価が落ちますが、飲みやすい、おいしいと感じるものが多く、臭いも少ないのが特徴です。
青汁は各メーカーから販売されていますが、利用している原料によって、かなり味の違いが出てきますので、お試しは欠かせませんね。
実際に自分が飲んでみて、おいしいと感じるものを選択したいものです。
原料などをよく確認し青汁を選びたいですね。
代表的な製法は、冷凍・粉末・フリーズドライがあります。
今回はフリーズドライタイプの青汁の特徴についてかいてあるサイトを紹介させていただきます。

Copyright (C) 手軽な野菜の摂取方法 All Rights Reserved.