おいしい青汁ってあるの

まずいーという青汁のコマーシャルからもうどのくらいの年月が経過したでしょうか。
青汁はまずい、でも栄養価が高いということを世間に知らしめたあのコマーシャルからもう10年以上がたち、今では誰もが飲めるおいしい青汁がどんどん登場しています。
おいしい青汁って栄養価的にどうなの?と疑問視する方もいますが、栄養価的には問題なく、青汁に含まれる健康成分をしっかり摂取できるものとなっています。
おいしい青汁はたくさん販売されていますが、人気の「おいしい青汁」を紹介しようと思います。
こちらのサイトにも飲みやすいタイプや人気の青汁ランキングがありますので参考にしてください。

まずグリーンハウスのレモンの青汁。
酵素がしっかり生きている青汁で利用されている原材料は無農薬、無化学肥料栽培のものです。
酵素があることで泡立ちがよくクリーミィな味わいです。
レモンのさわやかな風味が青汁独特の青臭さを消し、おいしくごくごく飲める青汁に仕上がっています。
アサヒ緑健の緑効青汁も飲みやすく栄養価も高い青汁です。
有機JAS栽培で作られた青汁で、青臭さも苦味もなくすっきり飲めます。

お値段が少々お高いということが言われていますが、おいしいということに関しては他の青汁と比較するとかなりの出来具合です。
サントリーの極の青汁もおいしいといわれています。
大麦若葉と明日葉の青汁ですが、まったく臭みがなくお子さんでもグーッと飲めるおいしい青汁です。
ケルセチンプラスというポリフェノールが配合されていることで、アンチエイジング効果も期待でき、助成を中心に人気があります。
お子さんには牛乳でわるとおいしい抹茶オレのような風味になって人気です。
えがおの青汁は、熊本県阿蘇産の無農薬栽培の大麦若葉を使っているため、とても飲みやすく利用者は抹茶を飲んでいるような感覚といいます。

青汁独特の青臭さもまったくないのでお子さんにも青汁嫌いな方にも喜ばれる青汁です。
GMP認定工場で作られているため、安全性も品質管理も万全です。
このように、おいしい青汁というのはたくさんあります。
お子さんにも積極的に摂取してほしい青汁。
おいしい青汁を毎日飲んで健康に活かしてほしいですね。
大麦若葉にしてもやはり青臭いです。

ほうれん草などの葉野菜もそうですが、独特の青臭さ、夏に雑草を引き抜いたときに感じるあの青臭い臭いがありますよね。
やはりこの臭さも、ケール同様、体にいいものを飲んでいるという認識につながるようです。
最近はお子さんにもまた青汁がどうしても無理という方にも青汁の豊富な栄養素を摂取してほしいということで、抹茶風味やレモン風味など様々に工夫された青汁が誕生しています。
でも・・・それでもやっぱり青汁の臭みがなきゃ青汁じゃない!!という人は多いんです。

Copyright (C) 手軽な野菜の摂取方法 All Rights Reserved.