青汁を使った料理あれこれ

青汁の見た目、緑色でいかにもまずそうな感じですよね。
一度飲んでしまえば大丈夫という方もいれば、やっぱり青汁は苦手という方も多いです。
自分に合った青汁を選ぶポイントは味・原材料・製品タイプのようです。
特にお子さんは見た目に左右されやすいので、青汁は飲みたがらないのです。
だったらここでお母さんの知恵を発揮。
お料理で青汁を利用して、お子さんにもしっかり青汁の栄養素を補給してもらいましょう。
お子さんはスパゲティが好きですよね。
ベーコンとにんにく、それに青汁を使って青汁入りのペペロンチーノ風青汁スパゲティ。
おいしいですよ。

にんにくを油でいためて香りを出しベーコンをいため、そこにゆでたスパゲティを。
塩コショウ、うまみ調味料で味を調えたら、最後に青汁をさっと入れる。
たったこれだけです。
大人にはにんにくと一緒に唐辛子をいためて作るとピリッとおいしいスパゲティになります。
もっと簡単に・・・ということならデザートに青汁を取り入れてみては?ヨーグルトに青汁の粉とはちみつを混ぜて冷蔵庫で少しこうらせると、青汁入りヨーグルトアイスができます。
暑い夏にはもってこいのデザートになりますし、栄養補給も万全です。
お子さんには「抹茶アイスだよ」と食べさせる!コロッとだまされます。

磯辺上げってありますよね。
ちくわを青海苔の入ったてんぷら粉でからっとあげて食べる、おつまみにもお弁当にもいい一品です。
この磯辺上げを青汁入りで作りましょう。
青汁と青海苔は色が同じ。
だから青汁嫌いなお子さんでも知らずにペロッと食べてしまいます。
青海苔も健康にいいですし、青汁と青海苔をてんぷら粉に混ぜてあげるだけですから、簡単レシピです。

ドレッシングに青汁を混ぜてもおいしいですよ。
フレンチドレッシングに青汁をさっと混ぜてお好みの野菜と一緒に食べる。
温野菜にもよく合いますので、お父さんのおつまみにもおいしいです。
粉チーズを入れてもおいしく、それをスパゲティと混ぜて夏の冷たいスパゲティにしても。
食欲が減退する夏におススメのレシピです。
こちらに青汁を使ったダイエットメニューとその注意点が載っていますので参考にしてください。

Copyright (C) 手軽な野菜の摂取方法 All Rights Reserved.