青汁と相性の良い成分

青汁にはカルシウムやミネラル、鉄分、ビタミン類などの豊富な栄養素がたっぷり入っています。
欧米化の食事が多くなった日本で、野菜不足は長く言われ続けていますよね。
でも忙しい現代人が野菜を摂取できる理想的な食事を毎日できるか、というとそれは結構難しいんですね。
忙しいからランチはコンビニ、夕食もお付き合いで外食、朝食は抜き・・なんて生活している人が多いと思います。

でもこれでは完全なる野菜不足。
だからこそ今、青汁が大人気なんですよね。
青汁自体に野菜の豊富な栄養素が含まれていますので、それだけでも十分なんですが、それにプラスして青汁と相性のいい成分を取り入れることでさらに健康効果が望めます。
例えば青汁はビタミン類が豊富に含まれています。
ビタミン類とともにコラーゲンをともに摂取すると体内でのコラーゲン生成が促進され、瑞々しいお肌への期待が深まります。

コラーゲンは特に女性に積極的に摂取してほしい成分です。
美容成分のコラーゲンと青汁の豊富なビタミン類で相乗効果が期待できます。
青汁にはちみつ入りというものがありますが、これも理にかなったコラボレーションです。
はちみつの主成分はブドウ糖と果糖です。

単糖類という構造が単純な糖分なので、体内への吸収が早くスピーディに栄養分としての働きをしてくれます。
また青汁とはちみつをともに撮ることによって、疲労回復効果もぐっとアップするため、青汁と相性のいい成分問い割るわけです。
なので、カルシウムも相性がいい成分です。
カルシウムの吸収にはビタミン類が欠かせません。

青汁にはビタミンが非常に豊富に含まれていますので、カルシウムの吸収を助けてくれます。
骨粗鬆症予防、またお子さんの成長期にカルシウム入りの青汁も、相乗効果が期待できる青汁となります。
最近はこうした青汁と相性のいい成分や食品をコラボさせた青汁がたくさん販売されています。
自分にはどんな栄養素が必要か?ということを考えて、相乗効果が高い青汁を選択しましょう。

Copyright (C) 手軽な野菜の摂取方法 All Rights Reserved.